WHAT’S RAFTING?

TOP > WHAT’S RAFTING?

  • ラフティングとは?

    ラフティングとは?

    ラフティングは8人乗りのゴムボートに乗って、激流を下るエキサイティングなアウトドアスポーツです。

    日本でラフティングが広まりだしたのは1980年代で、1991年アウトドアブランドの老舗モンベルがラフティングを始めて一気に普及しました。

    海外ではニュージーランドやネパールが盛んな地域で、体験型観光の大きな収入源となっています。

    日本では一般の参加者はもちろんのこと、教育旅行(修学旅行)でも大きな人気を博しています。

  • レースラフティングとは?

    レースラフティングとは?

    レースラフティングはラフティングボートに4人もしくは6人で乗り込み、激流をいかに早く正確に下れるかをタイムで競うスポーツです。

    主な種目として、

    スプリント
    (短距離のタイムトライアル)
    H2H
    (2艇同時スタートによる短距離レース)
    スラローム
    (指定された順番にゲートを通過し、タイムを競う)
    ダウンリバー
    (3~4艇ずつスタートし、長距離でのタイムを競う)

    があり、4種目の総合獲得ポイントで順位が決定する。

    強豪国は開催地である日本、パドリングスポーツのメッカであるヨーロッパ圏、アウトドア先進国であるオセアニア圏、世界レベルの激流が多数ある南米圏などが強豪国されています。

  • 世界レベルの激流「吉野川」

    世界レベルの激流「吉野川」

    日本国内におけるラフティングの聖地として、多くのリバーガイド(船頭)に愛される吉野川。

    国内では唯一の常時グレード4の豊富な水量に加え、落差2mを超える瀬(7箇所)など、世界レベルの激流にふさわしい「川」です。

    加えて、見るものを圧倒するエメラルドグリーンの川面や底まで見通せる水質も多くの参加者が魅了される理由でもあります。

    この吉野川を地域の宝、ひいては日本の宝として参加選手はもちろんのこと、多くの来場者に感動をお届けできると強く思っています。

    関連リンク > http://west-west.com/more1