WHAT’S RAFTING?

TOP > WHAT’S RAFTING?

  • ラフティングとは?

    ラフティングとは

    ラフトと呼ばれるゴムボートで激流を下っていくエキサイティングなアウトドアスポーツです。
    日本では1990年代初めより一般体験型のコマーシャルラフティングが開始され、子供から大人まで気軽に大自然を満喫できるスポーツとして人気が高まっています。

  • レースラフティングとは?

    レースラフティングとは

    レースラフティングはラフトボートに4人もしくは6人で乗り込み、激流をいかに早く正確に下れるかをタイムで競うスポーツです。

    主な種目として、

    スプリント
    (短距離のタイムトライアル)
    H2H
    (2艇同時スタートによる短距離レース)
    スラローム
    (指定された順番にゲートを通過し、タイムを競う)
    ダウンリバー
    (3~4艇ずつスタートし、長距離でのタイムを競う)

    の4種目があり、各種目の順位によってポイントが与えられ、4種目の総合獲得ポイントにより順位が決まります。

    国内でのレースラフティングの歴史は古く、1970年代より大学探検部を中心に利根川、長良川、天竜川、北山川など全国各地で大会が開催されてきました。
    パドルを漕ぐ瞬発力や持久力といった運動能力に加え、川を読む力やチームワークなど総合的な力が試されるスポーツです。

  • 世界レベルの激流「吉野川」

    世界レベルの激流「吉野川」

    日本屈指の激流 吉野川。
    今大会の競技コースである「大歩危峡・小歩危峡」は、年間を通して安定した豊富な水量と落差2mを超える瀬を含めたセクションの激しさから、世界に数あるラフティングスポットの中でもトップレベルの激流であると言えます。また、エメラルドグリーンに輝く川面や川底まで透き通る透明度も多くのラフティング愛好家を魅了する理由でもあります。

    関連リンク
    リバーステーション「West-West」http://west-west.com/more1/
    三好市観光サイト 大歩危・祖谷観光NAVI http://miyoshinavi.jp/